スポンサードリンク

システム開発 フィールドのデータ型を考えて、テーブルを作成する方法。

システム開発 では、どんなリレーショナルデータベースやプログラミング言語を使うことになっても、テーブル設計についての「考え方」は同じです。

これまでの各テーブルの関係をまとめると、以下の図のようになります。

・全体図(図書館の貸出履歴システム)
system-44.gif

生年月日のフィールドを追加したことで、いろんな集計ができるようになりましたね。

大事なポイントですが、ここまでは「考え方」の部分なので、データベースの種類は、関係ありません。テーブルの作成方法を省略していたのは、そのためです。

テーブルの大まかな設計が出来たら、あとはリレーショナルデータベースの種類によって、フィールドのデータ型を考えて、実際にテーブルを作成するだけです。

データ型は、保存するデータの種類によって、数値型、文字列型(テキスト型)、日付/時刻型などを決めます。また、数値型の場合は桁数、文字列型の場合は文字数なども考慮します。

テーブルの作成方法は、データベースによって異なります。

例えば、Microsoft Access でテーブルを作成する場合は、以下の図のようになります。
上がテーブルのデザイン画面で、下がデータを入力した画面です。

・T貸出履歴
system-45.gif

*鍵のマークは主キーであることを表します。


・T利用者
system-46.gif


・T性別
system-47.gif


・T書籍
system-48.gif


・T著者
system-49.gif


・T出版社
system-50.gif


【解説】
テーブル名は自由に付けることができます。「T」は接頭辞で、テーブルであることを示しています。テーブル名に番号を加えることもよくあります。

スポンサードリンク






システム開発実践講座 TOPへ