スポンサードリンク

プログラミング言語とデーターベースの選択について。

システム開発 では、システムをどのような目的で利用するかによって、使用するプログラミング言語やデーターベースが変わります。

そのため、実際にシステムを開発する前に、いろいろ検討することがあります。

(1)システムを利用するユーザー数について
・一台のパソコンで、一人で使う
・一台のパソコンで、複数で使う
・複数のパソコンから、複数で使う
・不特定多数の人が使う

(2)システムの利用目的
・個人利用
・社内利用
・ネット上で利用する
・システムを販売する

(3)アプリケーションの種類について
・デスクトップアプリケーション
・Webアプリケーション
・モバイルアプリケーション

(4)レコード数について
・1万〜10万件未満
・10万件以上

(5)サーバーについて
・独自でサーバーを用意する
・レンタルサーバーを借りる

(6)開発者数
・1人で開発できる規模か
・複数の人で開発する規模か

(7)データベースの予算
・できるだけ無料で済ませたい
・少しならお金をかけられる
・金額が高くても、信頼性を重視したい

(8)システムの予算
・10万円以内
・10万〜100万円
・100万円以上

他にも検討することがいろいろあります。セキュリティやバックアップについて考えておくことも重要です。

また、データは蓄積するだけでは意味が無く、帳票などの形に加工して利用します。そのため、あらかじめどんな出力が要るのか、調べておく必要があります。

上記のような項目を、総合的に検討して、プログラミング言語やデーターベースを決めることになります。

システムが一台のパソコンで完結するなら、スタンドアローン(stand alone)でも可能です。スタンドアローンは、他のコンピュータに接続しないで使う形態です。

システムを複数の人で使うなら、ネットワークに接続して、サーバーを利用した形態のほうが良いでしょう。

サーバーを使う場合は、自前で構築する方法と、ネットショップなど、ネット上で使うことが明確なら、レンタルサーバーを借りる方法もあります。

また、データーベースを使うシステムを開発する場合は、レコード数が重要です。1万件から10万件くらいなら、Access(アクセス)や FileMaker(ファイルメーカー)で十分です。

Access や FileMaker は、機能のわりに安く、プログラムの開発環境も付いているので、システムにあまり予算をかけられない時は最適です。

レコード数が10万件を超えると、大規模なデーターベースを検討することになります。MySQL や PostgreSQL などは、利用規約の範囲なら無償で利用することができます。

*ただしMySQLは商用利用が目的の場合は有償

信頼性やサポートを重視するなら、Oracle や SQLServer など、商用のデータベースが選択肢になります。

次にプログラミング言語については、作るアプリケーションの種類、開発環境、開発効率、開発の規模によって、適した言語が変わります。

例えば Microsoft社の VB(Visual Basic) は有料ですが、初心者でも学びやすいプログラミング言語で、開発環境も整っています。デスクトップアプリケーションなら、一番開発効率が良いと思います。

もし Access で完結するシステムなら、VB の機能縮小版である VBA(Visual Basic for Applications)でも十分です。

Javaは利用範囲が広く、デスクトップアプリケーション、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションが、全て開発可能です。

Javaはオブジェクト指向言語なので、多くの人が参加する大規模な開発にも向いています。開発時のルール作りがしやすい言語です。Java の開発環境である Eclipse(エクリプス)も、無償で使えます。

ただ、初心者にとっては、オブジェクト指向を理解することが、難しいかもしれません。それと、まだ Java が動作するレンタルサーバーが少ないので、個人的にWebアプリケーションを作るのには不向きです。サーバーを構築できれば問題ありません。

PHPは Webアプリケーションを開発するのに向いているプログラミング言語です。現在では、多くのレンタルサーバーで利用することができます。

以上のように、プログラミング言語やデーターベースは、様々な要因を総合的に考えて、組み合わせる必要があります。

スポンサードリンク






システム開発実践講座 TOPへ